RF over Fiber(RFoF)および光ディレイライン(ODL)ソリューションのリーディングプロバイダー、RFOpticは20年にわたって高品質の技術を開発、設計、統合し、さまざまなソリューションを提供しています。当社の技術は電気通信、放送、インフラ、航空、国防などさまざまな分野で使用されています。

高品質の製品を手頃な価格で提供することで、予算を抑えながら最高の体験を生み出し、あらゆるユーザーの期待を上回ることを目指しています。

6dBのノイズ指数(NF)とおよそ40dBのリンクゲインを特徴とする当社の RF Over Fiber ソリューションはプログラム可能で、最高の費用対効果を提供します。RFoFモジュールには低周波(0.5MHz〜6GHz)と高周波(8GHz~最高40GHz)のプログラム可能な2つのグループがあります。当社の ソフトウェア がRFoFユニットと通信することで、RFoFやODLのデプロイがかつてないほど柔軟になります。

低周波RFoFソリューション

直接変調をベースとした低周波のプログラム可能なRFoFモジュール(SNMPモジュールを含む)には 2.5GHz(オプションでGPS搭載 3GHz, 4GHz6GHz があります。周波数レンジは0.5MHz~6GHzで、高いゲインフラットネス、40dB未満のリンクゲインを有し、LNAオン時のNFはおよそ5dBです。リモートアンテナ、GSM、セルラー通信、放送、衛星などの用途で用いられます。

高周波RFoFソリューション

間接変調をベースとした 高周波RFoFモジュールには 8GHz15GHz18GHz20GHz40GHz があります。周波数レンジは10MHz~40GHで、優秀なゲインフラットネスと位相ノイズを有し、増幅器を追加することでNFの改善が可能です。ゲイン、P1dB、ノイズ指数などのパラメータは必要に応じて変更できます。リモートアンテナ、EW、レーダー、軍事通信などの用途に用いられます。

 

光ディレイライン(ODL)ソリューション

当社の可変光ディレイラインソリューションは、優れたパフォーマンスを維持しながら最大255のディレイラインに対応し、遅延は700マイクロ秒です。ODLは、オペレーター不要のスタンドアロンユニットとして動作します。さまざまな通信インターフェイスを介してPCから外部制御することも可能です。通常は次の2つのグループに分けることができます。(1) 直接変調(L、S、Cバンド)で最大6GHzの固定、可変、ミニODL (2) 間接変調(X、Ku、Kaバンド)で最大40GHzの固定、可変、ミニOLD。オプションは次の通りです。6GHz8GHz15GHz18GHz20GHz40Ghz に加えて、12の個別ディレイライン(多数のディレイの組み合わせが必要な場合)に対応した可変ODL、ミニ光ディレイライン(最大遅延15マイクロ秒の単一のディレイラインに対応したコンパクトなデスクトップモジュール)、レーダーシステムのテストと測定または無線通信向けのRFOptic ODL 2 Boxシリーズ

メールアドレス sales@opto-works.co.jp (お問合せ)